メンヘラーNORAの攻略ブログ

スポンサードリンク

夢小説を書いてて根本的な不思議に気づいたのだが・・・・。

DIO様どうやってエメラルドスプラッシュ弾き返したっけか(´>∀<`)ゝ

いや、戦闘シーンを書いてたんだが、

スタンドにはスタンドでしか攻撃はできない

スタンドから実体への攻撃はできる

という基本原則があったと思うのだが。
(アブドゥル大辞典参照ww)

スタンドにはスタンドでしか攻撃はできない

つまりスタンド攻撃はスタンドで防ぐしかない。
(ストレングス戦では見えるスタンドでもスタープラチナが受け止めている)

(・3・)アルェー

DIO様、花京院戦でDIO様エメラルドスプラッシュを指で弾いてなかったっけ?

アニメじゃDIO様舞空術使ってるし。

どんどん人外だな

ってちょっと待てぇぇぇぇ

エメラルドスプラッシュの宝石のような弾丸を指で弾く

スタンドの基本原則に違反してないか?!

い、いや、ワールドさんを纏ったんだ、そうに違いない。

・・・・そんな描写ねぇorz

次のシーンではちゃんと結界から発射されたスプラッシュをワールドさんが弾いてる・・・・。

?(⚪Д⚪)?

これじゃあ、どうするかな・・・・。

というわけで当サイトジョジョ連載でのルール。

「認識」することでスタンド能力がなくてもスタンドの破壊の像を弾くまたは防ぐことができる。

「認識」しないことでスタンド攻撃を受けない

つまり

スタンドがあると思っている人にはスタンド攻撃は有効だし、逆にスタンド攻撃を実体が防ぐことができる。

スタンドなんかないと思っている人にはスタンド攻撃自体が効かない。

霊感がある人には幽霊は見える、触れるけど霊感のない人には全く無害みたいな。

ただ、人間は不思議なこと=幽霊が起こしてるみたいな一種の擦り込みのようなものが少なからずあるので、スタンド攻撃が無効=全くの無関心(関心もない、感情もない、考えることもしない人形のような人間もしくはロボット)な人。

ほとんどの人間にはスタンド攻撃(理由も原因もない不思議なこと)は有効である。

という設定を隠し設定にするとしよう。

いくらDIOが超絶トンデモ人外設定でも、
ジョジョの世界がびっくり人間博覧会でも世界の原則は曲げられまい!


と書いたところで

荒木先生という真理ともいうべき世界の理が存在することに気づく。

孫悟空が飛んでたのはお釈迦様の手のひらの上でしかなかったのと同じように
荒木先生はペン先一つでジョジョという世界の理を書き換えることができる。

全ては荒木先生の思いのまま・・・・。

最初から原則なんてないのだ・・・・。

だからって好き勝手動かしていいってもんでもないからなー。

うーんやはりこの設定を隠し設定で運用するしかないだろう。

そうすると・・・・

4部の仗助の暮威慈畏大亜紋土の傷を治す効果も効かないキャラがいっちょ出来上がりww

4部まで連載続くかな?

先日、相棒14について4代目相棒について書いたが、

どうやら関係筋では4代目の相棒は反町、5代目相棒は初の女相棒 仲間由紀恵に決まったという。

 なぜ4代目ではないのか?

来年1月から仲間のスケジュールが多忙とのことで相棒とのスケジュールが合わなかったのが原因のようだ。

「いかんせん仲間は、故森光子さんの代表的舞台『放浪記』を今秋から引き継ぐことになり、来年1月まではかかりっきりになります。そのため連続テレビドラマなどの長期の仕事はスケジュール的に無理があり、最初は断りを入れました。仲間はテレ朝のミステリードラマ『TRICK』(2000年7月〜14年1月)での実績が評価され、『TRICK』から『相棒』へ異動した桑田潔プロデューサーの懇願もあって受諾し、来年10月スタートのseason15から正式に相棒として入ってもらうことになりました」(テレビ局関係者) 

15からということは14はワンシーズンだけの相棒となる。

「まず最初に名前が挙がったのは、2代目相棒を務めseason10で降板した及川光博。及川の降板は水谷との不仲が原因という一部報道も出ましたが、根も葉もない噂レベルで、実際関係は今でも良好です。及川は降板後も劇場版にゲスト出演していますし、臨時相棒として及川復帰が期待されましたが、残念なことにスケジュールの都合でNGでした。ほかにも織田裕二、亀梨和也、稲垣吾郎、松坂桃李など多数の候補が出ては、スケジュールの都合や水谷のチェックに引っかかり白紙になりました。そしてようやく難関を突破したのが反町隆史です。テレ朝側としては、今年の1シリーズだけ反町で乗り切る構えです」(同) 

先日書いた記事にも復活の及川が有力だったが、やはり大変なのだろう。
(大変な中に、仮面ライダー3号に出演したのは、公私共に付き合いのある唐沢の影響か?
試写会でも、秘密だった3号の話を唐沢寿明にはしているという話があったが。
ライダーマンで出てほしかった。)

最近見る及川の顔には少なからず疲労の色が見える。(アップになったときの目の下の隈とか)

幸いにも、反町は結婚して以降ドラマへの出演は少ない。

また、相棒は2クール(6ヶ月)放送なので、大体8ヶ月ぐらいは拘束されるという。
一年のうちの3分の2を相棒に費やさなければいけないというのは俳優陣のネックになっているという。

反町とはワンシーズンの契約だが、水谷との息が合えば、引き続きということもありえるという。

となると、以前及川のときのように匿名係が3人になる日も珍しくはないということだ。
(陣川を相棒といっていいのか甚だ疑問ではあるが・・・。)

アミューズ俳優は禁止?! 

 相棒の記事を読んでいて疑問に思ったのは
「アミューズの俳優は使わない」ということだ。

寺脇降板以降、アミューズの俳優はゲストも含めてほとんど起用されないという。
というのも寺脇の降板にはアミューズとのトラブルがあったのだという。

小出圭介の名前も出たが、アミューズだからNGという徹底振り。

アミューズの俳優にとって相棒出演は狭き門のようだ。

相棒 反町の最後は殉職?

ワンシーズンだけということで、反町の最終回予想が早くもひそかにささやかれている。

それが殉職というもの。

相棒本編では小野田官房長官が殉職したが、匿名係から殉職が出たケースはない。
(ちなみに三浦さんは負傷による退職だった。)

ちなみに、同放送枠の科捜研の女では相棒を組む刑事が殉職するケースがあるので、
脚本が同じであれば、殉職というケースも無きにしも非ずである。

予想される設定としてはこんな感じなのだろうか

ヤンキー(ヘッド)から警察官→ヤンキー時代のライバル(悪)が登場→一騎打ちの末殉職

反町といえばGTOなのでどうしても始まりがヤンキーやら暴走族やらになってしまうが。

ワンシーズンならこんな感じで言ってもいいかもしれない。


 

今年3月末、急に横っ腹が痛くなった。

その2日前には赤茶色をした「胃液で変色した血液」を吐血していたわけだが、
その時の血液検査では何も異常はなかった。

会社から早退させていただき、痛い、痛いと思いながら電車で自宅(実家)に帰ったものの、
あるものを飲んで激痛。

それ以来激痛は収まることなく、家で騒ぎ、救急へ連れてってもらった。

飲んだのは「ポカリスエット」。

これは2日前に吐血した時に救急で急性胃炎と言われたので、買ったものだ。

救急へ連れて行ってもらって判明した病名は・・・。


急性 出血性 胆嚢炎

CT、エコーをしたところ、胆嚢から出血しているとのこと。

また、血液検査で肝臓の値も3桁と悪く、緊急入院が必要とのこと。

医者もほとんど見たことないという出血性胆嚢炎。

原因は未だに不明。
(趣味で空手をやってるので、外傷性ではないかとのことだが、師範いわく素手じゃないので内蔵が出血することはないとのこと。)

対応は?

私の場合、幸い点滴の抗生物質による保存療法が功を奏したため、
手術にはならなかったが、親はしょっぱなから腹腔内手術とドレーンチューブを宣告されていたとのこと。
同意書も渡されていたとのことで、1週間ほどは気が抜けなかった。
(当時腹腔内手術による死亡が相次いで報道されていたので私も病院でテレビを見ていて怖かった)

通常であれば、堪能を嫡出するため、
中にある血液と胆汁の混ざったものをドレーンチューブで抜いて、腹腔内手術である。

胆嚢を摘出しても人体には影響はないのでとってしまってもいい。
というか、多くの医者は取ることを進めている。

なぜなら、一度胆嚢炎になると、油物を食べた時に痛むなどの後遺症のようなものに悩まされたり、
胆石が出来やすくなって、結果再発、嫡出という流れを汲むからだ。

保存療法の場合、抗生物質で腫れをなくしていくものだが、
腫れとともに痛みは引いていくので、激痛は3,4日続く。
夜はもちろん、眠れないので、鎮痛剤を投与してもらう。
(1回でなくなれば良いのだが、鎮痛剤が切れると激痛がという無限ループなので寝ることは不可能。)

また、夕方5時ぐらいになると痛み出してくる。
(医者によるとそういうスパンがあるらしい。)

寝返りが打てない。
(寝返りを打とうとすると体をひねるので、当然横っ腹に影響が出る。)

体を起こすときに痛い。
(腹に力を入れるので)

ただ、痛みさえなくなってしまえば後は食べられないだけなので超絶暇である。
(食べられなくても、点滴で食欲は全くないので、食べられなくても大丈夫。)

私は、食べ物を1週間食べられなかったので、食べた気になるため
グルメ番組をよく見ていた。
(ただし、食べ物のシーンは胃が痛むので、痛みになれるためでもあった。)

さて、入院時の食事などは次回にしよう。



 

このページのトップヘ